TronStakeで入金キャンペーン開始とプランの制限

in LeoFinancelast month

TronStakeで一昨日から、3/10までに最も多くの金額を投資した人に対してのエアドロを実施するアナウンスがされました。
Screenshot_20210302103800~01.png
一番入金した人に対してなんと100万TRXを配布するとのことです。
この効果か一昨日270万TRXの入金があり、さらに昨日280万TRXの入金があって残高が急増しました。
小さくやっている人には無縁なキャンペーンですが100万TRXはかなり太っ腹ですね。

また本日大きな変更がありました。
毎日利回りが増加するに伴って期間ロックの複利運用となる「Capitalization of interest」という選択肢の利回りが大きすぎてしまうことでプラットフォームの成長や安定を阻害する懸念がありましたが、それがサイトから選択できないようにチェックボックスが消えました。
スクリーンショット 20210303 21.47.01.png
私はこの数日capitalizationを選択している数が急激に増えているのをみてもうそろそろTronStakeも終わりかなと思っていたのでこの変更は歓迎ですが、欲の深い人たちはそうではなかったようです。
おそらく一発逆転を狙っている人達ですが今後Capitalizationが選択できなくなっても25%も利回りがあるのに何が不満なのか感覚がよくわかりません。
ただ、変更が遅ぎたとは思いますのでやはり3月中に引き上げる方向性は今のところ変わりません。
ただ今月を乗り切れば、3月の様子を見ている中国のグループが参入するらしいので本当にそうなったらまた少し参加するかもしれません(笑)

さらに、本来改ざんできないSmart Contractが変えられているという、仕組みを理解していない人も一定数いました。
Contractを変更できないことには変わりなく、コントラクト内のコードを実行する引き金となるサイト(フロントエンド)を制限したということだけです。
コードを理解している人であればサイトを利用しなくても直接自分でトランザクションを起こすことで今でもCapitalization自体をプランとして選択することも可能ですし、仮にサイトがなくなっても引き出しも可能となるはずです。それがスマートコントラクトであることの安心できるところでもありますね。

これらでパニックを起こしたためか本日昼過ぎには4200万TRXあった残高が現在4000万を切っているところで推移しています。
スクリーンショット 20210303 23.18.28.png

今日を契機に潮目が変わるのか要チェックです。

Posted Using LeoFinance Beta